[content placeholder]

McCANN WORLDGROUP WAY

なぜ「真実」なのか?

「真実」は、いつの時代も強力な「価値」として機能してきました。個人に対しても、社会に対しても、それは不思議な力を発揮してきました。何世紀にもわたって、真実は「進化」を実現し、「気づき」を可能にしてきました。そして今日は、更にその傾向が強まっています。

我々は今、新しいテクノロジーや行動習性により、未だかつてないほどに真実が可視化され、求められる世界に生きています。人と同様に、ブランドも、もはや真実から隠れられなくなっています。真実を真正面から受け入れ、更にそれを擁護するブランドは、生活者とのより深い、本物の関係を享受することができます。そのような理由から、真実は、我々の戦略やアイディアの基礎をなします。更なる前進を望む人、ブランド、企業にとって、それは源泉となります。だからこそ、マッキャンは、百年以上、「Truth Well Told」を標榜してきました。

なぜ「トランスフォメーション(変革)」なのか?

ブランドは、日々、生活者のブランドとの関わり方、信頼の仕方において変革を体験しています。そして我々の業界は、デジタル、ソーシャル、モバイルのプラットフォームにより、また、共有可能なストーリーやコンテンツの台頭により変革しています。その意味で、「トランスフォメーション(変革)」は、我々の周囲のあらゆるところで起きています。

しかし、我々の目指す「トランスフォメーション」は、もっと積極的な働きかけ、より良い変化を生み出すものを意味します。ブランドに「トランスフォメーション」をもたらすことは、そのブランドと世界との関わり方において、常にポジティブな変化がもたらされるようブランドを革新することです。

この場合の「ポジティブな変化」とは、ビジネスへの影響と社会への貢献。社会にとってのブランドの魅力と有用性の向上という絶え間ない意識が、我々の言う「積極的なトランスフォメーション」の中核にあります。消費者や事業主が、どれくらいのポジティブな変化をもたらしたと評価するか。最終的に、全てのブランドは、この尺度によって測られるのです。

OPEN

CLOSE